展示会

展示会
 

展示会

展示会
メイン画像
学習塾の運営に関わるすべての人に

緊急事態宣言以降、世の中はゆるやかですが確実な変化が広がる一方で、いまだ不透明な状況が続いています。 学習塾業界においてもオンライン学習が一斉に広まるなど、従来型の指導にこだわることなく、新しい指導の「カタチ」が模索されています。 そうしたなか、来春の中学校の教科書改訂や大学入試改革に対応することも、重要なテーマであり、見逃すことはできません。
今回は、英語に焦点を当てた新しい指導の「カタチ」をテーマに、セミナーを開催いたします。 オンラインでの実施となりますので、職場やご自宅から、是非ご参加ください。

これからの時代に英語指導で成功する塾とは

小学校での英語が必修化され、大学入試はもとより、グローバル化する社会で生き抜く語学力が必要不可欠になることは周知の通りです。 これからの学習塾には、日本の子ども達の英語力を底上げし、国際社会で夢と希望を持って活躍できる人材を育成することが求められます。
今回は、帰国子女を指導してきた教育現場から生まれた「Academia Jr.」を例に、国内の小学生・中学生の英語4技能をいかにしていくかをご紹介します。

〈講師〉
株式会社ジャスティー(ケンブリッジ大学英語検定事務局)
代表取締役社長 今井 久美 氏

東京・神奈川・千葉において約20年間、数千名の帰国子女を指導してきた「EFFECT英語専門スクール」を運営。 約1,000名の生徒(うち6割が帰国子女)に、ネイティブ講師が欧米の小中学校と同じ授業を行っている。 EFFECTの授業で得た指導のノウハウを活かして、日本人講師が非帰国子女に英語を教える講座「Academia Jr.」を開発。 また、ケンブリッジ英語検定の事務局として民間英語検定導入にも尽力。

詳細

参加申込フォームから、お申込ください。
入力いただいたメールアドレス宛てに、ミーティングID等を送らせていただきます。

参加申込フォームはこちら